サイトへ戻る

教育格差や地方創生に挑戦!

経産省主催「未来の教室」実証事業案件で長野の高校へ出張する

· 新規採用

ーこの案件の募集は終了しておりますー

2019年11月より、株式会社トモノカイでは株式会社マイナビ様と共同で経産省主催「未来の教室」実証事業プロジェクトをスタートします。

プロジェクトの舞台は、長野県埴科郡坂城町 。2019年11月より翌年2020年1月までの短期プロジェクトとなりますが、長野県の高校生のキャリア支援に携わる案件となります。また、実証事業につき、この取り組みが成功すれば、今後全国の高校にこのプログラムが広がっていくかもしれません。

■プログラム実施日程

2019年11月6日

 ~2020年1月22日までの毎週水曜日

各フェーズごとに、3つの働き方があります。

出張については11月3日程のうち、ご都合の合う1日は必須参加となりますが、それ以降のオンライン勤務やLINE相談者としての勤務は日程を相談のうえ、勤務日を確定します。(もちろん、全日程勤務も大歓迎です!)

――――――――――――――――
1.出張メンター
  @長野県坂城高校にて勤務

――――――――――――――――
 ≫ 11/6(水)13:00~16:00
 ≫ 11/13(水)13:00~16:00
 ≫ 11/27(水)13:00~16:00

★上記3日程より1日以上現地へ行ける方が今回応募対象となります。
※各日とも日帰りでのご勤務となります。交通費は弊社負担で全額支給いたします。

【ポイント】
まずは現地で実際に高校生と対話をしながら、プログラムのゴールを見据えたワークショップに取り組みます。基本的には生徒が主体の企業研究ワークですが、高校生との信頼関係をしっかり築き、アウトプットの完成と発表成功に向けたファシリテートをお願いします。

――――――――――――――――
2.オンラインメンター
  @渋谷オフィスにて勤務

――――――――――――――――
 ≫ 12/4(水)13:00~16:00
 ≫ 12/18(水)13:00~16:00
 ≫ 1/22(水)13:00~16:00

【ポイント】
※事後フォローを行っていただきます。長野へ向かわずとも、渋谷から生徒の支援ができますので、ゴールまでの残り期間を悔いなく費やせるよう、サポートをお願いします。

――――――――――――――――
3.LINE相談員
――――――――――――――――
 ≫ 随時勤務

【ポイント】
プログラム期間を通して随時対応いただきます。なお、勤務時に使用するLINEは個人のものではなく弊社で用意したLINE@アカウントとなります。

■求める人材

≫ 地方創生や教育格差問題に挑みたい人
≫ ご自身や家族・お友達に近い経験があり、同じ経験をしている生徒への支援をしたい方

まずは強い興味関心や熱量を持っている方にお会いしたいと思っています。

また今回は、長野県の高校生と就職について一緒に考えるイベントとなりますので、就職活動を通して特定の業界・企業について深く調べた経験のある方、インターンシップなどで実際に企業で働いた経験のある方のご応募を歓迎します!

上記に当てはまらない方でも、地方の高校生がキャリアを考えるお手伝いをすることに情熱が持てる方、生徒さんとしっかりと向き合っていただける方であれば、ふるってご応募ください!

■勤務までのスケジュール

 【面接期間】9/20~10/20
 【合否連絡】9/25~10/25
  ※面接後一週間前後で連絡
 【研修実施】10/25~11/5 
  ※期間中1回
 【勤務期間】11/6~1/22
  ※採用後に詳細スケジュールをお伝えいたします

■さいごに

私たちは、日本中の生徒へ「自学力」というものを身につけてほしいと考えています。

さまざまな条件下で日々を過ごす生徒が、ただ正解を教わるだけでなく、ただ一般的にメジャーとされる道を歩むのではなく、自ら学び目標を立て、その目標を自分自身で取りに行く……それが当たり前な社会を望んでいます。

今回の案件で皆さんにサポートをいただく坂城高校の生徒には、この力を身につけるまでにまだまだ伸びしろがあります。

まさに今自分たちの今後に向き合う生徒と、生徒の可能性を最大限に引き出したい教員、そしてその挑戦をさせる我々と一緒に、ぜひ根気強くサポートをしていただければ幸いです!

■経済産業省「未来の教室」とは?

「未来の教室」とは、経済産業省が進めている新たな学習プログラムの開発・実証事業のことです。EdTech・個別最適化・文理融合(STEAM)・社会課題解決をキーワードとし、国内各地でプロジェクトが進んでいます。

国内・世界のEdTechの最新動向を情報発信するためのポータルサイト「未来の教室 Learning Innovation」もオープンされ、今回の案件も実証事例として掲載される予定です。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK